taka.blog

ガンプラ!ガンプラ!ガンプラ!ガンプラ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今月の模型誌。

まいどで~す!

今月の模型誌が発売されましたね!
モデグラのおまけ、ファインモールドの零戦いいですね~!
あの小ささでコクピットまで再現してある!!来月も買いですね!

さてさてHJではまたまたrokuさんが活躍されてますね~!
「ガンダムデュナメス」と「4本足ゾック」!!スゲェ~!
ゾックはあの短期間でよくスクラッチ出来るなと感心します!ホント凄いっす。

電撃ではガン王東京大会の記事でyumoさんが1位を獲得しています!
おめでとう御座います!Re-GZプラス、チョ~カッコイイです!やっぱ上手いな~。

トロさんの奥さんも日野賞を受賞されてますね!これまたおめでとう御座います!!
まったく凄いファミリーです…恐ろしい…www

そしてそして!同じく電撃でtakayo4さんがライターデビューしました!!!!
作品は「アストレイグリーンフレーム」です!
相変わらず丁寧で綺麗ですね~感心します!
でも記事の扱いが悪いような…

ともあれ、デビューおめでとう御座います!!

これからも頑張って下さい!僕も頑張らないとな~(汗
スポンサーサイト


B社タコ、完成!

まいどです!

百鬼も終わり、PGからも開放され、もうタ○ヤのプラ板なんか見たくねぇ!!wと思っている僕ですが、百鬼やオフで頂いたパワーは今だ継続中でございます!!(でも未完成のPGは放置中…汗)

て事で先日danjinさん(snipさん)からの汚し依頼のタコ完成しました~!!
じゃあ早速画像を・・・・・・・

おっと!その前に、昨日行ってきた作品展の事を書かないと!www


昨日、レオさんの所属する「アサヒヤ倶楽部」の作品展が行われていたので行ってまいりました!
会場は半田勤労福祉会館のホールで行われていて、所狭しと作品がガンプラからスケール物までズラ~っと並べられていました!
この作品展は学ちゃんの所属するKNPモデラーズさん、岐阜コクピットさん、富山サンダーバズさんと合同で行われていました。
会場ではMAEさん。りりももさん達とも合流でき嬉しかったっす!
余りゆっくりする事が出来ず写真も余り撮れませんでしたが、少し作品を紹介しますね~。

P1020670.jpg

P1020672.jpg

まずはKNPのエスタさんの作品。
フルスクラッチ、ガーランドとオラザク受賞のザク。
ハッキリ言わなくてもチョ~スゲェ!ガーランドのシャープな造形とディテーリング、ザクのアレンジと工作技術!塗装も上手いな~!いろいろお話聞きたいです。w

P1020673.jpg

同じくKNPの方の作品。
このマラサイもよかったです!工作と塗装が凄く丁寧に仕上げられていてカッコイイです!(後のアンドロメダもいい!)
同じ方が作られたアイアンフットも凄くよかった~!画像が無いのが残念です…

P1020674.jpg

アサヒヤ倶楽部の方のターボカスタム。
少しお話を伺いましたが、全身にわたって改修されてあります。
その徹底ぶりに脱帽っす。今後の製作の参考になりそうです!お話有難うございました!

P1020669.jpg

P1020675.jpg

そして、レオさんの作品。
零戦とブルーテッシュ…この2作品を見るといつも思うんですが、

なんか…めちゃ悔しいっ!!www


写真はこれだけしか撮れなかったですが、まだまだ素晴らしい作品はたくさんありましたよ!スケール物が撮れなかったのが心残りです…
来月は学ちゃんとこのKNPモデラーズの作品展もあるそうなので楽しみにしてます!



さてさて、お待ちかね(?)タコの完成画像で~す!
まずは新車時の画像。

P1020668.jpg

そして中古。www

P1020677.jpg

P1020684.jpg

かなりくたびれました~www走行15万キロってとこですかね~(爆)

この依頼者であるdanjinさん(snipさん)はウチの仕事場の近くの床屋さんで、このタコも缶スプレーで3日で仕上げたらしいです!スゲェ!
最近、ブログを開設したのでよかったら遊びに行って下さい!
アドレスはこちらです。↓↓↓
http://danjin.blog120.fc2.com/



行って来たよ!百鬼。

参加して来ましたよ~!百鬼夜行。

ウチらメンバー、MAEさんりりももさん学ちゃんレオさんさのすけさんaria、hiromiと僕で、16日の朝5時に出発して、帰って来たのが翌日の深夜2時半!
またしても全盛期のB&Bなみに(古っ!)ハードスケジュールな1日でした!www

相変わらず凄いイベントでしたわ!
まぁ、詳しいオフレポは他の皆様にお任せするとして、僕は手抜きで行かさせて頂きます!(オイッ!)

百鬼2ndではHPの運営を始めたばかりで会場でのお知り合いはほとんどいないし、こちらから話しかける勇気もなく寂しい思いをしたのですがwww、今年は東海組という素晴らしい仲間と一緒の行動でき、会場ではいろいろな方とお話が出来て凄く嬉しかったです!
そして百鬼を運営してくださった皆様、お疲れ様でした!あんな素晴らしいイベントを企画して下さって有難うございます!

ですが、個人的には完成出来なかったってのが心残りですね…
会場で悔しい思いをするんだろうな~って思ってある程度覚悟してたんですが・・・・・・

やっぱスゲ~~悔しい!!!!!

いつかきっと完成させます!この悔しさをバネにして・・・・・w


そして百鬼後に関東メンバーと居酒屋にてオフ会!
いやいや!みなさんの激烈パワーっぷりに田舎モンの僕はタジタジでしたよ~。
でもその「熱」は確かに伝わりました!今後の製作の肥やしになる事うけあいっす!

P1020666.jpg

思い出の1枚。
僕のへタレ百式とyumoさんの百鬼5位の超絶百式。
これはホント嬉しかったっす!yumoさん有難う御座います!
そして、

最後にヒロさん、会場で久々に会って僕が声を掛けた時に、
「あぁぁ~っ!!」って言うのやめて・・・・・怖いから。(爆)

でも、電車の切符の買い方を教えてくれてありがと!!
次に行ったときも教えてね!www




てな感じで、次はコレやりま~す!

P1020668.jpg

snipさんとのコラボで僕が汚し担当っす!
不慣れな汚しですが、頑張ります!!



奇跡は起こらず!

百鬼、いよいよ明日ですね~!楽しみです!

がっ!!完成出来ませんでした~!!!(滝汗)

P10206210.jpg


しょうがないから昔の作品で参加しようかな…
明日はみなさんにお会い出来るのを楽しみにしています!!
ではっ!!


オレ流、型取り方法 その3~レジン編~

まいどです!

いやいや、百鬼も残すところあと1週間ちょっととなりましたね~。
すでに完成されて画像を送られて一息ついている方、今猛烈に追い込んでいる方、
すでに諦めている方・・・・・・・・ハイ、僕です・・・・・(汗)

ともあれ、当日は皆さんにお会い出来るのと超絶作品を激写できるのを楽しみにしております!!
その時はお手柔らかにお願いしますね~。www


さてさて、1回、2回とやってきました「オレ流、型取り方法」、今回で最後になりました!
第3回は「レジン編」でございます!では早速まいりましょ~!


ではいつものごとく「レジン編」に必要な材料と工具から紹介です。

P1020616.jpg

レジンキャスト計量カップ離型剤スプレータイプ攪拌をするためのヘラ彫刻刀など。

P1020565.jpg

前回はシリコンを流し込み、型を作る所までやりました。

P1020566.jpg

まずは丁寧にゆっくりと型を剥がしていきます。
勢いよく剥がすとシリコンがちぎれる恐れがあるので慎重にやりましょう。

P1020567.jpg

剥がれたら、次は原型を取り出します。これも慎重に。

P1020568.jpg

原型が取れたら、離型剤がついているのでピンセットなどでペリペリと剥がしてきれいにしてやりましょう~。

P1020569.jpg

出来ました!こんな感じで~す。

P1020570.jpg

次はレジンを流し込むための湯口を作っていきます。
ねんど型を作る時に書いておいた線がシリコンに写っているので、それを目安に彫刻刀で切り出していきます。

P1020571.jpg

次にゲートからパーツに向かうラインを切り出していきます。
まず、線に沿って縦に2本切ります。

P1020572.jpg

次に平刀で先ほど切った2本ラインの間を切り出します。

P1020573.jpg

レジンの流れもバッチリな太い湯口ができました。

P1020574.jpg

上部の空気抜きも切り出してシリコン型完成です!

湯口と空気抜きを切り出していく最に重要な点は、まずなるべく加工しやすい所に作ることです。
形状が複雑であったり、ディテールなどがある場所に湯口や空気抜きを作るとせっかく作った形やディテールを潰してしまうからです。
ですからなるべく平な面でペーパーの掛けやすい場所やパーツの裏側の目立たない場所などに作るといいでしょう。
それともう一つは気泡の入りそうな場所に空気抜きを作るです。
まあ当たり前なんですがw、あらかじめパーツの何処に気泡が出来るのかイメージし空気抜きを作っていくという事です。
こればっかは何度もやっていって覚えていくしかないので、初心者の方はとりあえずレジンを流し込んでみて何処に気泡が出来るのかを目で確かめてもらってから空気抜きを作っていくのが確実だと思います。

てな感じで早速レジンを流し込む作業をしていきたいと思います!

P1020575.jpg

まずは、レジンキャストのA液・B液を計量カップに秤で同じ量を入れます。

P1020588.jpg

A液とB液は秤で正確に計量して下さい。決して目分量でやらないで下さい。硬化不良を起こす原因となります。

P1020581.jpg

P1020580.jpg

次にスプレータイプの離型剤を噴きます。
1回や2回の複製作業なら離型剤を噴く必要ないと思いますが、シリコン型に繊細でちぎれ易い場所があったり、複数作業を繰り返すのなら噴く必要があります。

P1020577.jpg

シリコン型を合わせ、輪ゴムでしっかりと留めます。
この時、輪ゴムが少し緩いなと思った時は、このように輪ゴムと型の間に適当な物を挟むとよいでしょう。

P1020592.jpg

A液・B液を1つのカップに入れよく攪拌します。

P1020593.jpg

よく攪拌が出来たら、シリコン型に素早くそして静かに注いでいきます。
湯口と空気抜きにいっぱいまでレジンが確認できたら注型完了です。
逆に確認出来ない場合はレジンの量が少ないか空気抜きが上手く出来ていないかのどちらかだと思われます。

出来たら硬化するのを待ちましょう~。

P1020578.jpg

硬化したら慎重にシリコン型を剥がしていきパーツを取り出します。
こんな感じで出来ました~!!

P1020586.jpg

でも、よ~く見てみると…丸い部分に気泡が出来ていますね~。

この場合の気泡の対処方法は2パターンあります。
まず1つ目は、気泡がある部分にミゾを作ってやり逃げ道を作ってやる方法です。
この方法は一般的なやり方ですが、硬化後に空気抜きに作ったミゾを整形しないといけません。
また先ほどの言ったようにパーツの形状やディテールを潰してしまう可能性があります。

2つ目は、あらかじめ気泡が出来る部分に少量のレジンを流し込んでおいてから作業する方法です。
この方法は1つ目の方法と違いミゾを整形する作業をする必要がありません。
ですが、最初に少量のレジンを気泡発生部分に流し込むという二度手間の作業が必要です。

1つ目の方法は大量生産向き、2つ目は少数生産向きって事ですね。


で、今回は2つ目の方法でやってみましょう~。

P1020589.jpg

まず、計量カップを4個用意し、レジンキャストを少ない方と多い方の2セット用意します。

P1020590.jpg

P1020591.jpg

まずは、少ない方のレジンをカップに入れてよく攪拌します。

P1020595.jpg

そして、つまようじなどで気泡の出来た部分に流し込んでいきます。
この時、レジンをぽとんと落とすとまた気泡が出来てしまう恐れがあるので、サイドからレジンを滑り込ませる感じでやります。

P1020596.jpg

こんな感じです。
そして、この状態で少し待ち硬化が始まったなと思ったらシリコン型を合わせ、多い方のレジンを流し込んでいきます。

P1020587.jpg

で、出来たのがコレです!ちゃんと気泡が取れましたね。


今回3回に渡ってやったきたオレ流、型取り方法だったのですが、いかがでしたでしょうか?
また、ここに紹介した方法はあくまでも僕がやっている個人的なやり方なので、その辺はご了承下さいね。
あと、このやり方の方がやり易いよ!なんて意見がございましたら嬉しいっす。


じゃあそろそろ百鬼作品でもやろうかな・・・・・(オイッ!!)www


  TopPage  



Copyright ©taka.blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。