taka.blog

ガンプラ!ガンプラ!ガンプラ!ガンプラ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハセガワ1/32スツーカ完成。

タイトル02

ハセガワ 1/32 ju87 スツーカ完成いたしました。

P6091959.jpg P6091968.jpg P6091960.jpg P6091961.jpg

P6091961.jpg P6091963.jpg P6091965.jpg P6091982.jpg

P6091971.jpg P6091972.jpg P6091975.jpg P6091976.jpg

P6091989.jpg P6091994.jpg P6091983.jpg
 



今回は飛行機模型を使ったジオラマに挑戦してみました。
前回の記事にも書きましたが「銃撃による被弾をし、緊急着陸をする様」を表現したジオラマです。

作品タイトルは 「Landing」

自然光撮影もしてみました。

P6231915.jpg P6231914.jpg P6231916.jpg P6231938.jpg

P6231959.jpg P6231940.jpg P6231943.jpg P6231946.jpg








 












ハセガワ1/32スツーカ

こんばんは!お久しぶりです。

ここ最近プラモを完成させた時にしかブログを書かないんですが、今回も正にそうです…汗

はこ絵

今回はハセガワの1/32スツーカを製作してみました。
まずはプロペラを回転させるために機首にモーターを仕込みました。
どこでも購入できるミニ四駆モーターを仕込んだのですが、いかんせん勢いがよすぎるw
指がちょっとでも触れたら切れちゃいそうな勢いですw

IMG_0512.jpg IMG_0515.jpg

次に行ったのは今回初挑戦したダメージ表現を尾翼廻り中心にしてみました。

IMG_0540.jpg

機銃による被弾というとどうしても丸い穴が一列に並んでいるのを想像しがちですが、
実際にそうなる事は少ないと思うんです。
いろいろと資料を見てみましたが、薄い紙がビリッと破れるような感じ、航空機の外板は薄い金属なのでこのようなイメージでやってみました。
場所や大きさはなるべくランダムにし、しかもワザとらしくないよう心がけました。
やり方としてはダメージしたい所の裏からリューターでギリギリまで薄く削ってからビリッと破くような感じで穴を開けていきます。
途中、プラ板などで中のフレームを作り露出させてやる事でよりリアルになると思います。

そして今回なぜプロペラを回し、被弾した工作をしたかと言うと、このスツーカを使ったジオラマを製作したかったからです。

「尾翼部に被弾し緊急着陸をする瞬間」

というシチュエーションで製作してみました。

そのためにまずする事は不安定に着地する様を表現する。
主脚を片脚だけでベースに固定し「不安定な着陸感」を出すことにしました。
このスツーカを選らんだ一番の理由は主脚がタイヤの半分までカバーに覆われている事。
これならボディ内に太いアルミ線を通し脚を貫通させてベースに固定できる。
片脚の不安定な状態でもしっかり固定できます。
ついでにプロペラを回転させるモーターの配線もそこに通すことが出来ます。

IMG_0552.jpg IMG_0553.jpg

4ミリのアルミ線をボディ内に通し左脚を貫通させました。
片手でもしっかりと保持出来ています。

工作はこんなもんにして次は塗装…で、いきなりですが基本塗装をとばしまして退色表現からw

IMG_0650.jpg IMG_0652.jpg

基本塗装を筆のベタ塗りです。その上からヴァンシップの時にやったのと同じくタミヤエナメルカラーのバフやダークイエローを5倍ほど希釈した塗料をこれまたランダムにのせていきボディの退色した様を表現していきます。
やり過ぎない事とワザとらしくならない事を意識してのせていきます。
でもこれだけではまだ筆の跡が出てしまいますから、基本塗装で塗ったラッカーでリタッチしていきます。
エナメル塗料のぼやけた感じとラッカーのくっきりとした感じが出てますかね?w

IMG_0656.jpg IMG_0655.jpg

被弾跡の塗装。
下地にシルバーを塗りその上にシリコンバリアーを塗り基本塗装をしてからケガキ針などで剥がし下地を出していきます。
少し模型的な見栄えも考えて派手目に剥がしてみました。

IMG_0672.jpg

ベースに固定し地面を作った所です。

IMG_0676.jpg IMG_0674.jpg

ベースに草を生やし砂煙を追加した所。
草は鉄道模型用のミニネイチャーやKATOのコースターフを使用しています。
砂煙は釣具屋で見つけたフライフィッシングのルアーを作る時の綿をピグメントを着色して使用しています。

それでは次回は完成写真を載せますね~ではw








スケールアヴィエーションに掲載されました!

                IMG_6624.jpg

今月のスケールアヴィエーション5月号で以前あにさんと合作したスカイレーダーが掲載されました!
憧れだったスケビに掲載させてもらえた事は凄く光栄に思っています。
作品も自然光でカッコよく撮影して頂いて感激です!!
この雑誌は殆どの作品を自然光で撮影している模型誌では珍しい雑誌です。
それだけよりリアルな見せ方や飛行機模型の見せ方を知っているんだと思います。
ここ最近では売り上げ部数も伸ばしてきているんだとか…。
そんな好調の中で少しでも絡めた事を光栄に思っています。

                           IMG_1524.jpg


ヴァンシップ完成。


vanship01.jpg

ヴァンシップ完成しました!
今回は僕の好きな大戦機風にアレンジして製作してみましたが、作る人によって個性のでる面白いキットではないかと思います。やっぱりデザインがいいんだろうな~。
たくさん写真を撮ったのでよろしければ見てやってください。

P3241838.jpg P3241837.jpg P3241839.jpg
もともとのスケールは1/72なのですが、フィギュアとそれを置くベースが作りたくスケールを1/48に変更して製作しました。

P3241842.jpg P3241849.jpg P3241847.jpg
ヴァンシップ本体は大戦機風の記号を入れつつ製作、塗装は旧日本海軍のアレwをイメージして塗りました。

P3241848.jpg P3241852.jpg P3241860.jpg
アップ画像。塗装の剥げや退色、バーニヤの焼けや足回りの埃などやっています。

P3241840.jpg P3241843.jpg P3241845.jpg
フィギュアはレジンキットの物を使いました。アメリカの爆撃機クルーのフギュアです。凄くシャープな作りで僕のヘタな塗装でもそれなりに良く見えるから凄いですw

P3241856.jpg P3241857.jpg
ベースは土とアスファルトの半々、今回の草と土のあるベースは初めてでしたが楽しかったです!


 










ハセガワ、ヴァンシップ製作中

こんばんは~またまた久しぶりのブログ更新になってしまいました(汗
今年もすでに3月下旬…この間僕は何をやっていたかというと…
実はハセガワのヴァンシップなる物を製作していました。
IMG_0504.jpg
そうなんです、前の記事では雷電を製作していましたが、予定変更こちらを先に仕上げる事しました。
ミクシィやツイッターでは製作状況を随時上げていたのですが、こちらのブログではその纏めをUPしていきたいと思います。
IMG_0209.jpg IMG_0258.jpg IMG_7754.jpg
まずはタイヤとフェンダー(写真左)、タイヤとシリンダーはタミヤのメッサーシュミット1/48Me262から流用してタイヤを支えるアーム部はプラ棒をライターで炙りながら曲げて作りました。画像では見えませんが反対側に細い真鍮線でブレーキホースも製作してます。
タイヤを太くゴツイ物に変えたので、それに合わせてフェンダーも幅5ミリのプラ棒を挟み大きくしています。

(写真中)いきなり製作過程が飛んでしまいましたがwリアタイヤもMe262の物を使いフレームはプラ板で製作、デザインはオリジナルになっています。
あとはアンテナや針線、羽根の下部にタミヤ1/72スツーカの37ミリ砲を付けたりしています。

(写真右)コックピットは2人乗りから1人乗りに1/72から1/48にサイズ変更しています。
シートや計器類はいろいろなジャンクパーツで出来ています。ドラゴン1/48フォッケウルフやタミタ1/48Do335などなど。
IMG_0399.jpg IMG_0400.jpg
コックピットを塗った所。シートベルトはファインモールドのプラスチック製のベルト米軍機用を使っています。
塗装は最初にシルバーで塗装してシリコンバリヤーを塗っておいてから基本塗装、ケガキ針でチッピングという感じです。
IMG_3590.jpg
塗装前の画像。今回は胴体下から後まで伸びている独特な形状のユニット、クラウディアユニットを外しバーニアを製作して取り付けました。デザインがレトロな感じなのでバーニアも第二次大戦のジェット機みたいなイメージに製作しました。
IMG_0407.jpg IMG_0410.jpg IMG_0415.jpg IMG_0425.jpg
本体塗装。(写真左から1枚目)全体に緑をベタ塗り、今回塗装は全て筆で塗ってみました。

(2枚目)基本塗装の上からアクリル塗料で退色表現をしてみました。うすく希釈した塗料を何度も重ねていき、塗料の境目をアクリルシンナーでぼかしていき自然な感じの退色に近づけていきました。アクリル塗料は乾くとシンナーが効かないので素早くやるのがコツでした。

(3枚目)さらにチッピングを追加。人は触りそうな部分を重点的にやり全般的に散りばめないようメリハリをつける事に気をつけてやりました。ちなみにこれもシリコンバリヤーで剥がしています。

(4枚目)アクセントとなる雷マークを入れました。何かにそっくりになってきましたが気にしないwちなみにコレも筆です。
IMG_0446.jpg IMG_0447.jpg IMG_0499.jpg
ベースも製作しました。土とアスファルトが半分半分のビネット、滑走路の端をイメージして作りました。
土はミラコンにアクリル塗料で色をつけて使い、草は鉄道模型用の物を使用しています。
今回はフィギュアも作りました。1/48のレジンキットの物です。

そんな訳で製作過程はこんな感じです。次の更新では完成画像をUPしますね。
近いうちに更新します!!!www













Copyright ©taka.blog. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。